歯にかぶせて白くする

次に、かぶせて白くする方法ですが、オールセラミッククラウンを装着するという方法があります。これは全体がセラミックでできており、透明感が高くて色調もきれいで、天然の歯と見分けがつきません。金属をまったく使わないメタルフリーですので、金属アレルギーで悩んでいる人にもお勧めですし、強度にも優れ、変色や変形などの経年劣化を起こしません。

茶渋やタバコのヤニが付きにくく、付いた場合にも簡単に落とすことができます。ホワイトニングが不可能な詰め物の部分も、このセラミックで作ることができますので、金色の詰め物が目立って困っている人にも最適な治療法です。装着するには天然の歯を削らなければなりませんが、しっかりと事前にカウンセリングをした上で、顔のラインに合った色や形、治療の手順を説明してもらいます。あまり削りたくないという人には、ラミネートべニア治療という方法があります。

これは薄く削った歯の表面に、これも薄く作られたオールセラミックやハイブリッドセラミックスを貼り付けるというものです。ホワイトニングで満足のいく結果が得られなかった人や、歯と歯のすき間をなくしたい人、摩耗してしまったり、小さな歯の人にお勧めの治療法です。